写   真   館


創業60周年を迎え、昔の九重や星生温泉の写真を集めたい、皆さんに見て頂きたいと思っていた矢先、その想いが通じたのようにある方から昭和30年代の貴重な写真を頂けることになりました。創業当初の星生温泉、まだ草原で牧歌的な雰囲気の九重、飯田高原、長者原、松の台、西の小池。どれも時代を感じ、あの頃の美しい九重に戻れたらと思ってしまう写真ばかり。当館が所持している写真も探して、時代の流れを感じて頂ける写真館にしていきたいと思っております。


昭和32年頃の星生ホテル

昭和30年代前半

開業当初の星生ホテルの写真です。

その頃の名前は「旅館星生温泉」

まだやまなみハイウエイも通っておらず

家も山小屋

この写真をくださった方は

もと小学校の建物だと思っていたそうです。

言われると確かにそんな形。

その当時は交通の便も道路状況も悪かったため

山登りの方は皆さん路線バスで

旅館までいらっしゃって

旅館に1泊して山に登っていたということで

旅館の前にバスがたくさん留まっているわけです。
昭和32年頃の星生ホテル

昭和30年頃の星生ホテル
昭和38年頃の星生ホテル

昭和38年頃の星生ホテル
昭和38年頃の星生ホテル

こちらは昭和38年に完成した

星生温泉の新しい(!?)建物。

学校から山小屋風に大変身!

その頃にしてはロッジ風の

素敵な旅館だったのではないでしょうか。

建物の内部 ロビーも暖炉があって

いい感じ。

この建物が完成した当初は

まだやまなみハイウエイ完成していませんでした。

くじゅう


くじゅう
くじゅう

この写真は昭和33年前後の

飯田高原・長者原の風景です。

一面「草原」

今では信じられない風景です。

現在の九重"夢"大吊橋のちょっと手前あたりから

一面美しい草原風景だったとのことです。

3本の松が見事に立っている松の台

(タデ原湿原の北側の丘)

ここも素敵な風景だと思いませんか。

この写真の左下の方に写っていらっしゃる方が

この写真館を作るきっかけをくれた方です!

くじゅう

今のタデ原の付近から九重山群を撮った写真です。

家畜として背中に干し草を積んでいる牛もいます。



くじゅう

たくさん放牧されている牛。

今では想像もできない風景です。

でも阿蘇では今でも普通の風景ですから

それほど驚くこともないのかもしれませんね。
くじゅう



長者原・タデ原で放牧されている牛。

そんな時代があったんだと驚かされます。
くじゅう

今現在行われている野焼きは

草原を維持するために行われていますが

このころの野焼きは

土地を放牧と採草地として利用するに

野焼きが行われ

その結果草原景観が維持されたという

全く今とは違ったものでした。

生きること自体が「自然」と深いかかわりを持ち

生活することが自然を守る行為に繋がっていたんですね



くじゅう
くじゅう

牧ノ戸峠からの飯田高原を眺めた写真だそうです

中央:松の台〜タデ原

左手前:西の小池

正面:崩平山

右遠方:由布・鶴見岳

樹が少なく一面草原の素晴らしい草原景観です!


くじゅう


くじゅう

この写真は

牧ノ戸峠から沓掛を

観た写真です。

まだやまなみハイウエイが通ってなかった頃

沓掛までは牧ノ戸から

直登だったそうです。

今の牧ノ戸峠からとは全く違う

牧ノ戸からの景色です。


くじゅう

こちらは西の小池

今は別荘地帯となっていますが

昔は今の泉水のような

美しい草原の丘でした。

この写真は昭和30年代後半

ボーイスカウト・ガールスカウトの

ジャンボリーが

行われた時のものだそうです。






長者原

この写真は長者原です。

九州横断道路(やまなみハイウエイ)が

開通していますので多分昭和40年代前半

この建物は長者原ヘルスセンター

今とほぼ変わっていないですね。

三俣山が絵のように見えますが

形が今と変わってないことに嬉しさを感じます!



長者原

長者原ヘルスセンターのロータリー

ちょっと公園風で素朴でとてもいい感じです。



長者原

ガソリンスタンドもあり、熊本方面の道も

それほど大きくは変わっていない感じがします。

横断歩道が市松模様で可愛い。
長者原

やまなみハイウエイは

開通当初有料道路でした。

現在のビジターセンターの前に料金徴収所があり

お金を払って通っていたそうです。

広い駐車場のむこうに広がる

タデ原湿原

この景色もなんとも言えず素朴で素敵です。




長者原

長者原の写真

バスがいっぱいでちょっと驚きませんか。

それに歩いてる人が学生服。

修学旅行がとても多かったんです。

何台も連ねて走るバス。

普通乗用車がそれほど普及してなかった

時代背景もあるのかもしれません。

やまなみハイウエイが開通し

それまでにないたくさんの人が

訪れ大賑わいだったのでしょうね。

気軽に九重に来れるようになり

九重の雄大な景色に

感動した人が増えたことは

きっと違いありません!